歯の根を残す治療の大切さ

歯科医師の役割と任務

歯の根を残す治療が大切なことについては、取り立てて説明するほどもないほどに多くの人の共通認識になっているのです。昨今においては、予防歯科を盛んに推奨しているということもあり、虫歯の数が減少傾向にあることが報告されるなど、歯の健康が守られつつあるといわれています。歯科医師にとっては、虫歯治療や歯周病治療、定期検診などが主な治療になります。最近では、これに加えて、ホワイトニングなどの審美治療もクローズアップされるようになってきました。

歯間ブラシの有用性について

虫歯予防や歯周病予防をするためには、毎日の心掛けが必要になることはいうまでもない事実です。正しい方法でしっかりと歯磨きなどをすることが大切です。そんな中において、歯間ブラシのニーズが急拡大しています。歯間ブラシとは、読んで字のごとく、歯と歯の間を磨くブラシのことです。ありとあらゆるジャンルにおいて、ネット社会のプラスの効果が認められる中、歯間ブラシにまつわることも例外とはいえません。歯の健康を維持することが重要です。

忘れずに心掛けること

高齢化社会の進行に伴い、歯間ブラシに注目する動きが見られるようになってきました。歯周病が大きく話題になるのは、やはり中高年やシニアになりますので、日ごろのケアが必要性を増すことになります。そんな中、歯の根を残す治療も盛んに行われています。歯を失うことになる原因として多いのは、歯周病によるものということもあり、その対策をしっかりとすることが求められているのです。いつまでも自分自身の歯を持ち続けるためには、努力が必要です。

根管治療とは、歯の根をきれいにして消毒する治療のことです。ひどい虫歯や歯周病などで、歯の根が細菌や汚れによる炎症を起こしている場合に行われます。